FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況、あれこれ。

久しぶりの投稿で、ログインにさえ、もたつきました。
だめですね。

さて、この4月に、私のゼミの1期生のOくんが、知的障害者支援施設の施設長に昇格されました。
それだけで、もう、うれしくてうれしくて、仕方がないのです。

が、加えて、職員の資質アップのために、いろいろ手立てを工夫しておられることを知り、本当に頼もしく、誇らしい限りです。

実は、彼の先代の施設長は、私がかつて施設長を務めていた某市の重症心身障害者デイサービス(当時は市単の事業で、それだけでも自慢できる事業だったと思います)で、ともに仕事をした仲です。
それが縁で、数年前にその彼が施設長になったのを機に、その施設の心理スーパーバイザーをお引き受けすることになり、以来、支援員のあり方や、OJTのあり方などを伝えてきたつもりですが、それがきちんとOくんにも伝わっていたのです。

一方、勤務校は、この4月に大規模な改組があり、学部名が変更になっただけでなく、社会福祉士養成課程が廃止になりました。
さみしい限りですが、現2年生が無事に養成課程を修了するまでは、きちんと職務をまっとうしたいと思っております。


← ワン・クリック、よろしく。

スポンサーサイト

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

久しぶりに水曜倶楽部オフ会を開催したいと思っております。

今年もよろしくお願いします。

← ワン・クリック、よろしく。

還暦になって、思うこと。

とうとう、還暦になってしましました。

娘が生まれたときに、60歳になったら、「お父さんはこんな仕事をしてきたんだよ。」と言えるような仕事をしようと秘かに心に誓ったのですが、その歳になって、何と中途半端な仕事しかできていないのかと、愕然としております。


← ワン・クリック、よろしく。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

今年の目標は、いかにして「水曜倶楽部」設立当初のモチベーションを取り戻すかということでしょうか。

今年も「水曜倶楽部」をよろしくお願いします。


← ワン・クリック、よろしく。

1年の計

あけまして、おめでとうございます。

今年から、仕事のスタンスをちょっとずつシフトしていこうかと、考えています。
どうシフトするかは、秘密です。

今年も、「ゆうてもた。」をご贔屓に。


← ワン・クリック、よろしく。

知的障害者の支援にかかわる専門家の養成塾

今日、ある方から「知的障害者の支援にかかわる専門家の養成塾」の開催をすすめられました。

「発達検査の施行技術の講習」とか、「発達検査結果を支援計画作成する技術講習」とかを、シリーズで開催してはどうかとのご提言です。

しかも、無償の「勉強会」ではなくて、1シリーズにつきン万円ぐらいの有償でやるべきとのこと。

さて、私がこのような「養成塾」を開催したとして、どのぐらいの受講者が参加してくださるでしょうか・・・


← ワン・クリック、よろしく。

びっくり

しばらく更新しなかったら、「スポンサー」が割り込んでいまいた。

がんばって、更新せんとね。

ドン★キホーテ

松田翔太さんが主演のテレビドラマの題名です。

舞台は児童相談所で、彼の役は児童福祉司。

“人格”が入れ替わる設定は現実離れしていますが、毎回題材となる子どもたちの生活問題は、実に現実的。

福祉を学んでいる学生さんは、どのぐらい観ているのでしょうか。

社会福祉士の受験勉強をしている学生さんに接していて、彼らの多くがいかに福祉問題を現実のものとして理解できていないかに驚かされます。

だから、いくら勉強してもなかなか実力が伸びません。

できるだけ具体的な事例を示して教えているつもりなのですが、届かないようです。

どう教えればいいのでしょう。

茫然としてしまいます。


← ワン・クリック、よろしく。

アンケート

ある研修会のアンケート回答の中に、「次郎おじさんは口が軽いのでしょうか」とのご質問かありました。

「口が軽い」と言われればそうだと思いますが、自分では「正直すぎる」のだと思っています。

ただ、わかっていただきたいのでは、何でも本当のことをズバズバ言っているかもしれませんが、決して言いぱなっしのつもりはありません。

必ず、「だから、こうしましょう」と提案しています。

そこを理解していただきたいです。


← ワン・クリック、よろしく。

父の日のプレゼント

今日お邪魔した某施設でのできごとです。

ひとりの利用者さんがかわいくラッピングされたクッキーを持ってきて、「プレゼント」。

「えっ、私に?」と躊躇してると、支援員さんから「明後日の父の日のプレゼントをみんなで作ったんです。」とのこと。

彼女のお父さんの分をいただくわけにいきませんので、お返ししました。

でも、ご心配なく。

私は既に、娘から父の日のプレゼントをもらいましたから。


← ワン・クリック、よろしく。
プロフィール

次郎おじさん

Author:次郎おじさん
障害者施設で心理屋をしていたのですが、明日の障害者福祉を背負って立つ若い人を育てたいなどと、とんでもないことを夢見て大学の教員に転身して早10数年。
それは妄想だったと気が付いたのですが、もはや手遅れ。
思ったほど成果が上がらず、身の程知らずと反省の毎日です。
さらには、家庭でも何かと家族から疎まれ始め、いまや一人で時間をもてあましております。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。