スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専門家が専門家を育てる

日本社会福祉士養成校協会会長の白澤さんの一言です。

医者にしろ、看護師にしろ、専門家を養成するときは、有資格者が養成するのが当たり前です。
であるのに、社会福祉士は必ずしもそういう仕組みではありません。
それで、専門職といえるのか、との問いかけです。

「業務独占」でなく「名称独占」だからという、言い訳が聞こえてきそうですが、国家資格ではない「認定資格」でも、その有資格者のもとで教育された者でないと資格を取ることがでない資格さえあります。

2007年11月に「社会福祉士及び介護福祉士法」が改正されました。
早く、成熟した「職能集団」になりたいものです。


ワン・クリック、よろしく!
   ↓   ↓

 

スポンサーサイト
プロフィール

次郎おじさん

Author:次郎おじさん
障害者施設で心理屋をしていたのですが、明日の障害者福祉を背負って立つ若い人を育てたいなどと、とんでもないことを夢見て大学の教員に転身して早10数年。
それは妄想だったと気が付いたのですが、もはや手遅れ。
思ったほど成果が上がらず、身の程知らずと反省の毎日です。
さらには、家庭でも何かと家族から疎まれ始め、いまや一人で時間をもてあましております。

カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。