スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Asahi 「POINT-ZERO」

キリンの「FREE」に続いて、アサヒから「POINT-ZERO」、サントリーから「FINE ZERO」が発売になりましたが、今日、とりあえず、味見と思い、アサヒの「「POINT-ZERO」を、1缶、買い求めました。
POINT-ZERO

私的には、こっちの方が、好みです。

あとは、サントリーの「FINE ZERO」と飲み比べが残っておりますが、車を運転する可能性がある休日の昼食の楽しみが、ひとつ増えました。


 ← ワン・クリック、よろしく。
スポンサーサイト

スイセン

いつのことだったか、これも忘れてしまったのですが、どこかでもらったスイセンの球根を、生垣の端っこに植えたものが、毎年きれいに咲いてくれるので、ふと思い立って、生垣に沿ってさらに植えてみることにしました。

近くのホームセンターで、3種類ほど球根を買ってきたのですが、球根に付いている説明書によると、3~4年植えたままにすると、見栄えがよくなるとのこと。

結果は、まだ随分先になるようですが、果たしてこのスイセンが見頃になる年の春には、私は何をしているのでしょうか。
それも楽しみ、かな?


 ← ワン・クリック、よろしく。

訪問者?

心機一転後、初めての投稿です。

わが家のリビング外のひさしには、ツバメよけのネットを張っているのですが、時々ここに虫たちが迷い込んできます。

今日は2種類の虫が迷い込んできました。

最初に来たのがアゲハチョウ。
アゲハチョウ

じっとしてくれないので、きれいな写真が撮れませんでしたが、大分羽が痛んでいます。

次にきたのがカマキリ。
カマキリ

カマキリは結構たくさんいるようです。


 ← ワン・クリック、よろしく。

心機一転!

このブログについて、ずっともやもやしていることを、整理することにします。

といっても、大層なことをするわけではありません。
仕事についてのことだけじゃなくて、普段のできごとも綴ることにするだけです。

これからも、よろしく。


← ワン・クリック、よろしく。

「星の国から孫ふたり」

知人から映画の上映会の案内がありましたので、ご紹介します。

「星の国から孫ふたり」という映画です。
星の国から孫ふたり(表)星の国から孫ふたり(裏)

【日時】 2009年10月21日(水)
      第1回:14:00 開場、14:30 監督挨拶、15:00~16:35 上映 
      第2回:18:00 開場、18:30 監督挨拶、19:00~20:35 上映

【場所】 新長田勤労市民センター別館 ピフレホール
      〒653-0038 神戸市長田区若松町4丁目2-15(電話:078-621-1120)
            (市営地下鉄「新長田」・JR「新長田」下車すぐ南)

【内容】 詳細はパンフレットをご覧ください。
       URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~jiro-kun/event/hoshinokuni.pdf

【チケット】 前売券:1,000円 当日券:1,300円

【問合わせ】 078-785-0565(進藤さん)


 ← ワン・クリック、よろしく。

専門職としての技能

某障害者支援施設のケース検討会でのことです。

私が実施した利用者さんの発達検査結果をご覧になった支援員さんたちが「へー、○○さん、検査できたんや」と口々におっしゃるのを聞いて、ちょこっとカチンときました。

確かに○○さんは検査ができました。
つまり、検査課題を遂行する能力を十分にお持ちの方です。
いや、正確に言えば、臨床像から推定されるレベル以上の発達レベルにある方でした。
だから、「検査できた」のです。

でも、一方で、検査者が彼の能力が発揮できるように場面設定をしたから、「できた」部分もあるのです。
そのことに、支援員さんたちが全く気づかれなかったので、カチンときたのです。

別に、自分の検査者としての技能を自慢したかったとか、評価してほしかったのではありません。
○○さんが実力を発揮できるように援助できていない「専門家としての技能がない」ことに何ら気がつけていないことに、カチンときたのです。


← ワン・クリック、よろしく。

お知らせ

登録ブログランキングをひとつに絞りました。
別に他意はございません。

できれば、閲覧数を増やすため、ブログの引越しをしたいのですが、邪魔くさいので、辞めました。


← ワン・クリック、よろしく。

絶滅危惧種

ここのところ、社会福祉士国家試験受験資格取得に必要な現場実習中の学生の施設訪問指導のために、連日施設訪問をしています。

今年の傾向として、1施設あたりの施設滞在時間が今までの倍以上かかり、かなり落ち込んでいます。

理由は、・・・・、正直に書くと、問題になりそうなので、勘弁してください。

今日も、例外ではなく、予定以上の時間がかかり、大学に戻るには中途半端な時間だったので、ふと思いついて、某NPO法人が運営されている障害者支援事業所を訪ねることにしました。

その事業所には、今年春、某市を定年退職された古くからの知人が、施設長をされており、表敬訪問をと思いついたのです。

急な訪問にも関わらず、快く出迎えていただき、今後の事業改革プランを聞かせてもらったり、関係の事業所を案内していただいたりで、あっという間に2時間が過ぎてしまいました。

その中で、福祉、特に障害者福祉を目指す学生や、ボランティアに熱中する学生が激減してきたことが話題になり、われわれの若い頃にはそれでもまだ生息していた一流の福祉実践家に出会いこの世界に飛び込んでくるような若者は、もはや絶滅危惧種であるという話になりました。

障害者福祉を目指す若者を「絶滅」させないためには、どうすればいいのでしょうねえ。


ワン・クリック、よろしく!
   ↓   ↓

プロフィール

次郎おじさん

Author:次郎おじさん
障害者施設で心理屋をしていたのですが、明日の障害者福祉を背負って立つ若い人を育てたいなどと、とんでもないことを夢見て大学の教員に転身して早10数年。
それは妄想だったと気が付いたのですが、もはや手遅れ。
思ったほど成果が上がらず、身の程知らずと反省の毎日です。
さらには、家庭でも何かと家族から疎まれ始め、いまや一人で時間をもてあましております。

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。