FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さをり織展

「ステップハウス」さんのさをり織展を見に、「蕃画廊」さんに行ってきました。
蕃画廊

なかなか素敵な作品揃いです。
さをり織展② さをり織展③

初日には、もっとたくさんの作品が展示されていたのだけれど、もう随分売れてしまったそうです。

私が一番気に入ったのは、この壁掛け。
さをり織展①

常連さんからいろいろ注文があるのだけれど、利用者さんの自由な作風を抑えることもできないし、などとスタッフさんのご苦労話などを聞きながら、ゆっくり見させていただきました。

作品展は、11月1日(日)まで開催されています。
場所等、詳細は、以下の通りです。

◇日時:2009年10月28日(水)~11月1日(日)10:00~17:00(最終日は16:00まで)
◇場所:蕃画廊
     〒676-0001 兵庫県高砂市中島3-6-19(電話:079-442-3231/FAX:079-443-4440) 
◇主催:ステップハウス
     〒676-0077 兵庫県高砂市松陽4-738(電話・FAX:079-448-7171)


 ← ワン・クリック、よろしく。
スポンサーサイト

アメリカフウ

勤務校の駐車場脇のアメリカフウが、見事に色づきました。
アメリカフウ

若い大学なので、見上げるような大木はありませんが、それでも季節を感じさせる木々が、少しずつ増えてきているように感じます。


 ← ワン・クリック、よろしく。

行動援護従事者養成研修

10日に引き続き、今日は「行動援護従事者養成研修」の講師とスーパーバイザーをさせていただきました。

担当したのは、「行動援護利用者の障害特性および障害理解に関する講義」の「行動援護の技術に関する講義(知的障害・発達障害)」と「行動援護の事例検討に関する演習(知的障害・発達障害)」と「行動援護の支援技術に関する演習(知的障害・発達障害)」でした。

受講者の皆さんは、いずれも熱心な方ばかりで、非常に気持ちよく仕事をさせていただきました。

ただ、2つの演習はともかく、講義に与えられた時間がたったの2時間。

先の「障害者移動支援従事者養成研修」と同様、この養成研修の要項を作成された方は、たったこれだけの時間で、必要な知識を見につけられるとお考えなのでしょうか。

であるとすれば、現状認識が甘いと言わざるをえません。

それと、主催者によると、思ったほど受講の申し込みが少なかったとのこと。

「行動援護」サービスの認識が低いこともあるようですが、現役の方には、土日の日中に研修に出ることが、大変なこともあるようです。

負担は大変でしょうが、平日の夜間を利用した、もっと時間をかけた養成研修になることを、望みたいものです。


 ← ワン・クリック、よろしく。

カマキリの産卵

ふと気がつくと、ポストの下に、カマキリが逆さをむいていました。

よく見ると、産卵中です。
カマキリの産卵

かみさんに報告すると、「何とかして!」とのこと。

でも、ここまで進んでいるので、どうしようもありません。

来年の孵化を楽しみにしますかね。


 ← ワン・クリック、よろしく。

ちょっと変わってきたかな。

今日は某園の心理相談日でした。

某園には、数年前から、ほぼ毎月1回の割で、心理相談に伺っています。

心理相談では、利用者さんの発達チェックを実施した後、それを元に、原則全職員さん参加のもと、ケア会議を実施するのですが、私としては、ケア会議が半分、職員研修が半分のつもりで関わらせていただいています。

当初は、某園の利用者さんだけが相談対象だったのですが、稀に他の事業所の利用者さんの相談が入るようになり、今年から法人全体の心理士を委託されましたので、今年からは、正式に某園以外の法人内事業所の利用者さんの心理相談にも関わらせていただいています。

そのためか、以前は、発達チェックの後のケア会議には、某園の職員さん以外は、まず参加されなかったのですが、今日は数ヶ所の事業所の職員さんが参加してくださいました。

長年の思いが伝わりつつあるかなと感じています。


← ワン・クリック、よろしく。

もう一踏ん張り

昨日、久しぶりに、私のゼミの卒業生である某くんが、研究室に訪ねてきてくれました。

彼は、卒業後、某大学の大学院に進み、応用行動分析を研究したあと、今は某障害者支援施設で、主に自閉症者の支援に携わっています。

自閉症との出会いのきっかけや、関心を持ったきっかけの話になり、少なからず、私の存在が影響していると言ってくれました。

内心、涙が出るほどうれしかったです。

彼はまた、今後の夢も語ってくれ、仕事の傍ら、日々、研究も続けているとのことです。
本当に頼もしく、陰ながら応援していきたいと思います。

ただ、彼のあとに続くゼミ生が、なかなか出てきません。

彼の頑張りに負けないよう、もう一踏ん張りせねばなりません。


 ← ワン・クリック、よろしく。

研修会の講師依頼

隠れ水曜倶楽部部員と私が勝手に認定している某さんから、お勤めの法人の職員研修の講師依頼を受けました。
ありがたいことです。

ただ、事前の打ち合わせで電話をすると、なかなか手ごわい職員集団のようで、真っ向から直球で勝負すると、総スカンを食いそうです。
まだ1ヵ月ほど先なので、じっくり作戦を練りたいと思います。

なお、水曜倶楽部への入部資格は、特に定めておりません。
水曜倶楽部の主張に賛同していただける方は、自己申告してください。

2009年10月20日現在、私が把握していている正規部員は約1名、隠れ部員が約1名です。

部員になりたい方は、ぜひコメントください。
待っています。


 ← ワン・クリック、よろしく。

ステップハウス さをり織展

8年も前に勤めていた重症心身障害者デイサービス(当時はそのような事業はありませんでしたが)の事業所あてに、当時お付き合いがあったステップハウスさんから機関紙を送っていただいたようです。
それを、どなたかわかりませんが、職員さんのご好意で転送していただきました。

さをり織りの作品展があるそうですので、ご案内したいと思います。

◇日時:2009年10月28日(水)~11月1日(日)10:00~17:00(最終日は16:00まで)
   
◇場所:蕃画廊
     〒676-0001 兵庫県高砂市中島3-6-19(電話:079-442-3231/FAX:079-443-4440) 

◇主催:ステップハウス
     〒676-0077 兵庫県高砂市松陽4-738(電話・FAX:079-448-7171)

私も、時間を作ってぜひお邪魔させていただきたいと思っています。


 ← ワン・クリック、よろしく。

福祉の支援が必要な矯正施設等を対処した高齢・障害者の地域生活支援研修会

松友了さん@社会福祉法人南高愛隣会(コロニー雲仙)東京事業本部長から研修会のご紹介がありました。

研修名:「福祉の支援が必要な矯正施設等を対処した高齢・障害者の地域生活支援」研修会

◇日時:2009年11月27日(金)13:00~17:00

◇会場:静岡商工会議所会館 5F ホール
     〒420-0851 静岡市葵区黒金町20-8(電話:054-253-5111)
     URL:http://www.at-s.com/bin/YELL/YELL0020.asp?id=F905940083

◇内容:基調講演:福祉の支援が必要な矯正施設等を対処した障害・高齢者等への生活支援の課題
            -地域生活定着支援センターの役割を中心として-
            講師:田島良昭さん(社会福祉法人南高愛隣会「コロニー雲仙」理事長)

      シンポジウム:福祉の支援が必要な矯正施設等を対処した障害・高齢者等への
              地域生活支援の確立のために
              ・黒田康行さん(黒田せせらぎ法律事務所・弁護士)
              ・神田勇喜さん(社会福祉法人あしたか太陽の丘/
                        地域生活定着支援センターひまわり・所長)
              ・水田恵さん(NPO法人自律支援センターふるさとの会・理事/
                      更生保護法人同歩会・理事長)
              コーディネーター:酒井龍彦さん(NPO法人長崎県地域生活定着支援センター・所長)

◇受講者:「都道府県地域生活定着支援センター」の職員をめざす人、更生保護事業に関わる人、
       日常的に支援する福祉・職業・医療・教育等の事業所や企業の職員、
       行政関係者及び保護者等、立場・専門は問いません。
       
◇受講料:無料

◇主催:社会福祉法人南高愛隣会(コロニー雲仙)
     URL:http://www.airinkai.or.jp

◇事務局:社会福祉法人南高愛隣会(コロニー雲仙) 県央地域サービスセンター
       電話:0957-35-4880/FAX:0957-21-0572/E-mail:kenou@themis.ocn.ne.jp

◇申込み:事前申込が必要です(定員を超えた場合は先着順)。
       FAXかE-mailで、社会福祉法人南高愛隣会(コロニー雲仙)東京事業本部まで
       申し込んでください。
       〒162-0051 東京都新宿区西早稲田2-2-8 全国心身障害児福祉財団ビル 5F
       電話:03-3207-8571/FAX:03-3207-8564/E-mail:tokyo@airinkai.com

◇資料:URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~jiro-kun/lecture/airinkai.pdf

この研修会は、今後、2010年1月に滋賀県大津市で、2月に山口県山口市で開催される予定です。
資料が届き次第、ご案内します。

また、社会福祉法人南高愛隣会(コロニー雲仙)では、11月6日(金)~8日(日)、島原市内で「福祉のトップセミナー in 雲仙 2009」を開催されるそうです。
興味のある方は、http://www.airinkai.or.jp/hasshin/seminar/2009/gaiyou.htmlをご参照ください。


 ← ワン・クリック、よろしく。

通常授業日

世間は「体育の日」でお休みですが、勤務校では「通常授業日」ということで、授業がありました。

これは、月曜日が何かと休日になるため、カレンダー通りにお休みにすると、極端に月曜日の授業回数が減ってしまうための窮余の策なのです。

しかも、昨年から文部科学省のお達しで、半期(1セメスター)の授業コマ数15コマを必ず開講しないとお叱りを受けるので、夏休みさえ短縮されております。

まあ、お休みになっても、特に家族サービスをしないといけないわけではないので、実害はほとんどありませんが・・・


← ワン・クリック、よろしく。

ノンアルコールビール

ビール大手4社のノンアルコールビール、すなわちビール風味飲料が出そろったので、試飲してみました。

で、私のランクでは、これ、
SUPER CLEAR

SAPPOROさんの「SUPER CLEAR」が第1位になりました。

第3のビール、つまりリキュール(発泡性)①の第1位は、これ、
麦とホップ

「麦とホップ」ですので、わが家の冷蔵庫のSAPPOROさんの占有率は、かなりのもんです。


← ワン・クリック、よろしく。

パピリオ

久しぶりにパピリオが咲きました。
パピリオ(2009年秋)

もう1本、花茎が伸びてきているので、
パピリオ(花芽)

年内にまた咲いてくれるかもしれません。


 ← ワン・クリック、よろしく。

今年の柑橘類

今年のわが家の柑橘類は、スダチが1個。
スダチ

レモンが10個ほど。
レモン

花が咲くのが遅かったので、まだまだ食べられそうにありません。
観賞だけで終わるかも。


 ← ワン・クリック、よろしく。

障害者移動支援従事者養成研修

懇意にしていただいている某NPO法人主催の障害者移動支援従事者、つまりガイドヘルパーの養成研修の講師をさせていただきました。

担当は、「障害者の心理」と「知的障害者の疾病と障害に関する知識」の2講座。

で、問題はその配分時間。
「知的障害者の疾病と障害に関する知識」はたっぷり4時間あるのですが、「障害者の心理」はなんと1時間。
1時間で障害者の心理を解説するのは、そう簡単なことではありません。

多分、この養成講座の認可機関であろう県の指定されている要項に規定されているからだと思われますが、ガイドヘルパーにとって、障害のある方の心理についての知識がとても重要であることを、もうちょっと理解していただきたいものです。


 ← ワン・クリック、よろしく。

2例目

今日、発達チェックをさせていただいた利用者さんなのですが、「新版K式発達検査2001」の「記憶玉つなぎ」課題ができました。

ずいぶん長い間、この検査を使ってきましたが、療育手帳該当の成人では2例目です。

いずれも重度の知的発達遅滞を伴う自閉症(広汎性発達障害)と思われる方です。

大事なことは、この課題ができたことではなくて、この能力、というかこの特性をどう支援に活かせるかということです。

支援にあたる者の力量が問われます。


 ← ワン・クリック、よろしく。

キンモクセイ

キンモクセイも咲きました。
キンモクセイ

鉢植えのせいもあって、花数は数えるほどなのですが、香りは十分です。
キンモクセイ②

この花が咲くと、なぜか大学のことを思い出します。
確か文学部の第1別館の前や、部室の脇に咲いていたと思うのですが、誰かさんにこの花の名前を教えてもらったからだと思います。

ただ、その誰かさんが思い出せません。


 ← ワン・クリック、よろしく。

フジバカマ

秋の七草のひとつ、フジバカマが咲いています。
オミナエシ

手入れがよくないので、花数が少ないですが、これもまた、可憐です。

〈お詫び〉
当初「オミナエシ」として紹介しましたが、「フジバカマ」の誤りでした。お詫びして、訂正します。


 ← ワン・クリック、よろしく。

シジミチョウ

春野菜のためにプランター菜園の準備をしていると、たくさんのシジミチョウが飛び回っています。
彼らは、なかなかじっとしてくれないので、写真が撮れません。

やっと止まってくれたのがこれ。
シジミチョウ

とてもかわいいです。


 ← ワン・クリック、よろしく。

台風一過

台風一過、秋晴れとなりました。
台風一過

今朝は7時時点で警報が出ていたので、午前中の授業は休講となりましたが、9時30分に解除になったので、午後の授業は通常通りでした。

自主休講の学生が多くなるのではないかと心配しましたが、それほどでもなく、真面目な学生が多かったので、見直した次第です。


← ワン・クリック、よろしく。

成年後見制度利用支援講座

もっと早くお知らせしないといけなかったのですが、うっかりしてました。

NPO法人宝塚成年後見センターが、成年後見制度の普及と制度の正しい理解のために、この制度の利用を考えておられる方やそのご家族、この制度に関心のある市民、医療福祉関係者などを対象に成年後見制度利用支援講座を開催されます。

講座名:「成年後見制度利用支援講座-基礎講座-」

◇日時:2009年11月13日(金)~2010年3月12日(金)までの間の全9日間(開催要項を参照)
     13時~15時程度(若干の開催日・時間・内容の変更の可能性があります)

◇会場:宝塚市総合福祉センター 301・302号室
     〒665-0825 宝塚市安倉西2-1-1(℡:0797-86-5000)

◇費用:無料

◇定員:50名程度

◇主催:特定非営利活動法人宝塚成年後見センター

◇後援:宝塚市社会福祉協議会

◇カリキュラム:開催要項に記載

◇開催要項:http://www5a.biglobe.ne.jp/~jiro-kun/lecture/takaradukashienkouza.pdf

◇申込み方法:開催要項に用紙に記入して、FAXで申し込んで下さい。 
          (申込み多数の場合は先着順になるそうです。)

◇問合せ:特定非営利活動法人宝塚成年後見センター
       〒665-0823 宝塚市安倉南1丁目22-9-103
                TEL:0797-83-1249・FAX:0797-83-1241
                E-mail:seinenkouken@honey.ocn.ne.jp

次郎おじさんもちょっとだけお手伝いする予定です。


 ← ワン・クリック、よろしく。

社会福祉士のステータス

県内の某児童養護施設から、来春4月からの求人情報が届きました。

児童指導員を1名、採用されるようで、その資格要件をみて、ちょっとびっくり。

その資格要件には、「教員資格、保育士資格、社会福祉士資格のいずれか(必須)」とあります。

ついにここまできたか、と思わず「ほーっ」と声が出てしまいました。

早速、本学の児童福祉ゼミ担当のK先生に、「希望する学生はいませんか。」と連絡したところ、先生はぽつりと一言。

「ハードルが高いわね。」

ムム、納得!?


← ワン・クリック、よろしく。
プロフィール

次郎おじさん

Author:次郎おじさん
障害者施設で心理屋をしていたのですが、明日の障害者福祉を背負って立つ若い人を育てたいなどと、とんでもないことを夢見て大学の教員に転身して早10数年。
それは妄想だったと気が付いたのですが、もはや手遅れ。
思ったほど成果が上がらず、身の程知らずと反省の毎日です。
さらには、家庭でも何かと家族から疎まれ始め、いまや一人で時間をもてあましております。

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。