FC2ブログ

お父さんにもっと療育に協力してもらう方法

あるお母さんから、「子どものことで、もっとお父さんに協力してほしいんだけど、いい方法はないかしら」と相談されました。

正直、一朝一夕にできる方法は、思い当たりません。

ただ、子どもさんが小さい頃から、できれば取り組んでほしいことがあります。

それは、お母さんが参加される研修会などを、お父さんも参加できるアフター5や土、日に開催してもらうことです。

これは、お母さんにと言うより、療育機関や学校、さらには手をつなぐ育成会が、積極的にやっていただきたいことです。

水曜倶楽部も、及ばずながら、お手伝いしますよ。


← ワン・クリック、よろしく。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

 初めて、お邪魔しました。

我が家は、なんとなく仕事のない日は、父も誘っていますというか?ついてきます(笑)

 小さいときは、母が勉強会とかお茶会?のときは、子供を見てもらってました。見てくれているという感謝は、ちゃんとしてました。仲間内から、子守のおじちゃまともいわれてました。有難かったです。
 今は、サポートとかも利用してるので父の存在が薄れてきたということでもなくて、とにかく父が私を助けてくれて有難うという気持ちだけは、忘れないように心がけています。子供のことだけでなくていつもあらわしてるといいかも。男って意外と単純なんて、失礼しましたv-25

みらいさんのお母さんへ

貴重なコメント、ありがとうございます。
みらいさんのお母さんやお父さんのような方が、もっと増えることを願っています。
これからもよろしくお願いします。
プロフィール

次郎おじさん

Author:次郎おじさん
障害者施設で心理屋をしていたのですが、明日の障害者福祉を背負って立つ若い人を育てたいなどと、とんでもないことを夢見て大学の教員に転身して早10数年。
それは妄想だったと気が付いたのですが、もはや手遅れ。
思ったほど成果が上がらず、身の程知らずと反省の毎日です。
さらには、家庭でも何かと家族から疎まれ始め、いまや一人で時間をもてあましております。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード