FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育の威力

今日は久しぶりに某知的障害児通園施設のケース検討会のスーパービジョンの仕事でした。

朝の設定保育に参加させていただいた後、二人の園児の発達チェック。
そのあと、子どもたちと一緒に給食をいただき、午後は園庭で自由遊びのお付き合い。
子どもたちを送って行った通園バスが戻ってきた後に、保育士さんたちとケース検討といった流れです。

ケース検討の対象児はいずれもこの4月から通園し始めた子どもたちですが、いずれも数カ月の保育の成果が見てとれました。

すばらしい保育士集団です。

もちろん、それに応える発達の力を持っている子どもたちもすばらしいことは言うまでもありません。

私も元気をいただきました。

大学に行ったからこそ、このような機会が持てるということは、百も承知しておりますが、やっぱり現場はいいです。


← ワン・クリック、よろしく。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

次郎おじさん

Author:次郎おじさん
障害者施設で心理屋をしていたのですが、明日の障害者福祉を背負って立つ若い人を育てたいなどと、とんでもないことを夢見て大学の教員に転身して早10数年。
それは妄想だったと気が付いたのですが、もはや手遅れ。
思ったほど成果が上がらず、身の程知らずと反省の毎日です。
さらには、家庭でも何かと家族から疎まれ始め、いまや一人で時間をもてあましております。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。