FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就労意欲を高める支援

ある知的障害者施設の支援員さんから「利用者さんに作業を怠けずにしてもらう方法はありませんか」という質問を受けました。

その利用者さんは、作業を続けて頑張れば相応の「報酬」がもらえることを「理解」しておられるのでしょうか。

「報酬」とは、何も金銭に限りません。
大好きなお菓子が食べられるとかコーヒーが飲めるとかでも、あるいは好きな歌手のCDが聞けるでもいいのです。

障害が重い人に「働く」ことを理解していただくには、支援員さんが1ヵ月働いて給料をもらわれるのと同じ理屈で説明しても、まず理解していただくことは難しいと思います。

水曜倶楽部が、われわれ支援にかかわる者が「重い障害のある方が働くこと」の意味について、しっかりとした理念を身につけることが極めて重要であることを提唱していることはもちろん、支援方法として応用行動分析法を推奨するのは、まさにこのようなことに対応するためなのですが、こういう質問をされる支援員さんに限って、そういったお勉強会に誘っても、関心を示してはいただけないのです。


← ワン・クリック、よろしく。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

次郎おじさん

Author:次郎おじさん
障害者施設で心理屋をしていたのですが、明日の障害者福祉を背負って立つ若い人を育てたいなどと、とんでもないことを夢見て大学の教員に転身して早10数年。
それは妄想だったと気が付いたのですが、もはや手遅れ。
思ったほど成果が上がらず、身の程知らずと反省の毎日です。
さらには、家庭でも何かと家族から疎まれ始め、いまや一人で時間をもてあましております。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。